PASQUARELLIのおいしい生活

2012年 04月 30日 ( 3 )

イタリアにもあるゴマペースト!

f0203253_141238.jpg

フィレンツェのBIOのお店で買っている白ゴマペーストです。「Tahinタイン」といいます。
他にトルコのものだと「Tahinターヒン」。アラブ、エジプト、中近東諸国、インド、ユダヤは「 Tahinタヒニ/Tahiniタヒーニ」。アフリカは「 tehinaタヒーナ」。ギリシャは「Taxiniタヒニ」。中国では「芝麻醤チーマージャン」。韓国は「참깨 붙여넣기 チャムケプチョノキ」と言ってスーパーやアジアンマーケットでも購入できます。

ゴマは200万年前アフリカのサバンナに自然に生えていたのが始めで食用として栽培するようになり日本にはアフリカからインド、中国大陸をへて縄文時代(紀元前1万3000年~400年)に伝わりました。
江戸時代までは高級品で貴族とお坊さんしか使えなかったんですって。(ごまのお菓子、ゴマ豆腐、ゴマの白和えなどに使っていた。)現在では洗い胡麻、剥き胡麻、いりごま、すりごま、練りごま、ゴマ油と6種類あり調理によって使い分られています。

メソポタミア、エジプト、古代文明では国王の清めの儀式、神への儀式、神への捧げもの、灯油、ミイラの防腐剤。中国では漢方薬、病気防止、老化防止、火傷、虫刺され、ローションとして用いていたとか。

イタリアにはエジプトからヨーロッパ諸国に伝わりギリシャ、ローマ人が料理、菓子、パンに使ったそう。
イタリア料理ではゴマの粒をお菓子やパン、パイ生地やお肉、お魚の表面につけて焼いて使いますがペーストは使ったことがありません。

千一夜物語の「アリババと40人の盗賊」で魔法の呪文アラビア語で「Iftah ya simsimイフタフ(開け)ヤー(呼び声)シムシム(胡麻)=「開けゴマ」はゴマのさや状の果実がパッとはじけて種を飛ばすことが由来とか。

胡麻にはカルシウム、鉄、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸、抗酸化物質と豊富な栄養成分が含まれておりペーストにすると粒のままより消化吸収が良いのだと。
f0203253_145219.jpg

こちらもBIOのお店で買ったお豆腐です!
f0203253_1414140.jpg

この日はイタリアにある材料を使って白和えを作りました。(本当はすり鉢でペーストにした方が香りもよくっておいしいのですが作る量が多かったのでペースト使用。)
白ゴマペーストにだししょうゆをあわせて、レンジで豆腐を温め重しをして水分を出した豆腐、だししょうゆで下味をつけたゆでたブロッコリー、1/4にカットしたミニトマト、ゆでたほうれん草、ゆでた人参の千切り、ゆでた千切り長ネギ(ポロねぎ)をあわせ(だしを絞り)もの。
3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願い
します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2012-04-30 14:01 | 調味料

Mulino Bianco

f0203253_1335291.jpg

Barilla(パスタメーカー)社のビスコッティとパンのMulino Banco(「白い風車」の意)!
イタリアでは人気の朝食やおやつです。
種類が豊富なのも魅力!
私は特に食パンが食べたくなったり、サンドウイッチ(パニーノでなく三角の)を作るときはこちらを使用!(イタリアのパン屋さんで食パンがあまり買えないからです。売っているところが少ない。)5つのシリアルと大豆入りの食パンですよ!(白い食パンのあります)
それからミラノ風カツレツなどに使うパン粉もこちらのものがお勧めです!(おいしいから。きめが細かいので日本風のとんかつやエビフライなどはパンで生パン粉を作るんですけど。)

でも、ちょっと気になることはパンの賞味期限が1か月もあるんです。添加物の心配をしていました!でもイタリア生活掲示板を見たらちょっと安心しました。↓
着色料なし。水素添加の脂肪なし。(水素添加はマーガリン等はトランス脂肪酸を含んでいて心臓疾患や現代病の原因になる可能性があるそうですがその心配なし。)人工甘味料なし。
エチルアルコールで加工処理し、長期保存を可能にしている。(加工処理程度なら大量に摂取しなければ問題なし。)
と記されていました。
f0203253_13361699.jpg

パパーン!夫のリクエストでカツサンドを作りました!私も実は食べたくなっちゃったので....。(動画で「49日のレシピ」の乙母(おっか)のカツサンドと「ママが料理をする理由」のまい泉のカツサンドを見て。夫は日本でまい泉のカツサンドを食べて気に入ってしまい私によくリクエストします。)

イタリアで豚肉のscameritaという部位(トスカーナで腿肉言いますが、地方によって名前は同じでも部位の場所が違っていることがあります。地方によっては首肉。首と背中の間の外側部分だったり。)を使うとおいしいとんかつができますよ!

とんかつソースにアルコールを飛ばし、煮詰めた赤ワインにケチャップ、すりごま、バターを合わせてソースを作り揚げたてのカツに絡めてサンド!

おいしいわ~。
f0203253_13382193.jpg

スーパーで買った日本のビールも合わせていただきました!
3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2012-04-30 13:36 | パン

思わず「美味しい」の笑み!

f0203253_0234814.jpg

友人お気に入りのお店のランチに行ってきました!
いつも満席で人気のお店なんだそうですよ!(友人この近くに住んでました。)
私はこのお店のことを知らなかったんですけど本当に美味しくて感激しました。
こちらjunちゃんと こちらshinomaiさんのブログでお店が紹介されていました。お2人の訪問された時の料理もとっても美味しそうなので記事を貼り付けさせていただきました。
f0203253_024929.jpg

お店可愛くてオシャレです!
f0203253_0242488.jpg

パンです!カレー味のグリッシーニにくるみ入りの黒パン、トスカーナパンにフォーカッチャ!
f0203253_0243930.jpg

牛肉のタルタル、マヨネーズ添え(オイルと卵黄だけで作られているようです。酸味はありません。)
ごく細かく刻まれたズッキーニに人参がタルタルにあえてあります。繊細!
f0203253_0245395.jpg

カルチョーフィーのオーブン焼き。香草パン粉でふたをしてあり表面カリカリ。カットすると、とろりとチーズが流れ出てきます。たまらなく美味しい。
f0203253_0251065.jpg

アンチョビと野生のフィノッキのタリオリーニ
こちらも言うことなく美味しい!上品なお味にシェフのセンスの良さを感じます。
f0203253_0252864.jpg

バッカラ(たら)とアスパラの紙包み焼き
f0203253_0254346.jpg

紙を開くとこんな。お魚の火の入り方が絶妙!赤唐辛子がアクセントになって本当に美味しい!
f0203253_0255719.jpg

お店メイドのチーズケーキ!このチーズケーキのファンになってしまいました!
お休みの日に私も真似して作ってみたいと思います。
とってもデリケートでお口の中で、すっととろけてなくなっちゃうんです。

ビスコティのジェラート(細長いチョコのビスコッティの表面に細かく砕いたナッツがコーティングしてありチョコのジェラートがサンドされたドルチェ)も捨て難かった!オシャレに黒い紙ナフキンに包まれお皿に乗って出てくるんですけど手に持って食べているお客さんの嬉しそうな顔。特に子供。

どのテーブルも美味しそうに食べる笑顔で満ちあふれていました。
f0203253_0261427.jpg

お店の名前入りチョコレート!
f0203253_0262796.jpg

コーヒーを最後に!
大満足!
また行きたいな!
LA BOTTEGA DEL BUON CAFFE' BISTORO
via antonio pacintti 40/R(FI)
0039 055 5335677

3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2012-04-30 03:16 | おすすめの場所、お店