PASQUARELLIのおいしい生活

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

素朴でおいしい、ポレンタご飯に満足!

f0203253_184766.jpg

実家のアブルッツォでポレンタ用のとうもろこしを干している所です。
f0203253_17565290.jpg

1日夫とLUUCAにドライブに行った途中で食べたポレンタご飯をご紹介します。
私達、SAN GIOLIANO  TERMEと言う所にあるトラットリアでお昼ご飯を食べました。
メニューは、ランチメニューのみ4つのプリモと4つのセコンドを1つずつ選択するものでした。
まずは、PENNE ALLO SCOGLIO(岩塊のペンネ?ムール貝と浅利をにんにくの利いたトマトソースで合えたペンネパスタ!)
f0203253_17571377.jpg

RISO ALL'ORTIANA(菜園のリゾット?畑野菜を使ったリゾット玉葱、人参、ズッキーニ、セロリ、葉野菜と色々野菜のリゾットにブロードとパルミジャーノを)
f0203253_17573420.jpg

POLPETTE DI CARNE SU POLENTA(鶏肉団子のせポレンタ。鳥ひき肉にパルミジャーノ、パン粉、玉葱と柔らかく作り、トマトソースで煮たもの)
f0203253_175754100.jpg

SEPPIALINO IN UMIDO CON POLENTA 門後いかの煮込み、ポレンタ添え。こちらは、少し唐辛子をきかせたトマトソースでいかを煮込みポレンタを添えたもの)
どれも本当に素朴でおいしかったです!
f0203253_185552.jpg

お店の前に広がる山景色!
f0203253_1853391.jpg

LUCCAの城壁をぐるっと回って
f0203253_185571.jpg

城壁のいくつかあるエントランスの1つ!
f0203253_1863071.jpg

町から少し離れた所にPONTE DELLA MADDALENA別名PONTE DEL DIAVOLOと言う橋に!
f0203253_1865613.jpg

橋は、向こう岸に渡れるのですがブリッジが急です。
f0203253_187204.jpg

普段の日の夕方なので誰もいない橋!枯葉が散って寂しい感じがしました。
f0203253_1874812.jpg

橋の前のレストラン、バール、B&B、お土産屋さん。

おなか持ちがよく体があたたまるポレンタ料理。おいしい季節の始まりです。
3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-19 17:54 | おいしいもの

ダイエット料理!羊肉のオーブン焼き、マスタード風味、じゃが芋のロースト、ほうれん草の温製!

f0203253_17154289.jpg

結婚式の近い友人のためにカロリー控えめなヘルシー羊肉料理を作りました。
付け合せのじゃが芋はオーブンでローストしほうれん草(写真には、ありませんが。)はゆでて塩胡椒、オリーブオイルをかけました。
f0203253_1716559.jpg

羊肉のオーブン焼き、マスタード風味材料 羊肉の骨付きブロック マスタード 塩 胡椒 パン粉 じゃが芋 にんにく ローズマリー オリーブオイル ゆでたほうれん草
作り方①お肉に塩、胡椒をして、表面にマスタードを塗りパン粉を貼り付けます。②じゃが芋を適当に切り、塩、胡椒、潰したにんにくを皮ごと置きローズマリーを適当に置き、オイルをあえて、180から200度のオーブンで焼きます。やや焼けてきたら肉を同じ天板にのせオーブンに入れます。好みの焼き色に火を入れたら出来上がりです。

3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-16 17:16 | セコンド

フィレンツェの水「ACQUA PANNA」

f0203253_1834959.jpg

人間の体は3/2が水分です。人間は何ヶ月か食事をしなくても生きらますがお水を飲まないと数日で死んでしまうのだそうです。お水の大切さを感じます。

フィレンツェから北に25KMアルペン山脈の丘りゅう地帯にスカルペリアという町があります。
この町のアクアパンナの泉(アクアスプリング)で採水されているACQUA PANNAです。

メディチ家の敷地内、狩猟地域に狩にきた人によって1800年に泉が発見さたミネラルウォーター「ACQUA PANNA」
f0203253_1843669.jpg

ACQUA PANNAの工場です。108度の中軟水。

お水の硬度は、カルシウムやマグネシウムの割合で表示がかわります。硬度0~100度を軟水。100度~300度を中軟水。300度~硬水となります。
f0203253_185383.jpg

オレンジ色で書かれたエントランス
f0203253_1854189.jpg

ACQA PANNA!(ペットボトルにはトスカーナ州のシンボルのゆり紋章やライオンVILLA PANNAが絵描かれています。)

ミラノから北東50KMのサンペレグリオテルメのガス入りミネラルウォーターで知られる「サンペグリノ」。アクアパンナはサンペグリノグループブランドの水です。

アクアパンナは中軟水。すっきりした味わいなので、繊細な味の料理や軽めなワインやフルーティなワインの味の邪魔にならないお水です。
料理やワインをおいしくいただけます。赤ちゃんの粉ミルクをとかすお水としても最適。

サンペグリノは医者や科学者に注目される硬水のガス入りウォーターで(鉱泉医療センターの調べで)肝臓やすい臓を助ける働きがあることがわかりました。

濃厚な味の料理やフルボディワインの次に飲むワインの口直しとして一口水にもちます。
イタリアではワインをガス入りウォーターで割って飲むことも多いです。

コーヒーは、中軟水が適しています。軟水はコーヒーの苦味がでにくく硬水だと苦味が出すぎてしまうのでコーヒーの香りを飛ばしてしまうそうですよ。
f0203253_1861377.jpg

ACQUA PANNAの近くには、鹿がいたり
f0203253_186413.jpg

山羊君達も!
f0203253_187949.jpg

そして、おでぶな鳩(食用)の飼育をする農家。
この地域は自然保護区域です。
3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-14 18:07 | おいしいもの

Frittelle di castagna(栗の粉のドーナッツ)

f0203253_5134490.jpg

友人valentinoのBarにお手伝いに行きました。
Frittelleの大量な注文がはいったからです。
栗の粉を使った揚げ菓子です。
簡単に作れておいしいので作り方をお教えします。
Frittelle di castagna
材料 栗の粉250g 牛乳150g B.P大匙1(お菓子用のリエビト少々) 干し葡萄50g 砂糖大1 塩1つまみ 溶かしバター50g 卵1個 ヴィンサント100g 揚げ油 まぶし用の砂糖
作り方①牛乳は人肌に温め、バターは、溶かしておく。干し葡萄は、ヴィンサントに浸しておく。②栗の粉、砂糖を合わせ、B.P、塩もあわせておく。③②に少しずつ牛乳を合わせていきます。④③にヴィンサントと浸した葡萄をあわせます。⑤卵を白と黄色に分けそれぞれ泡立てたら合わせ後は、熱した油にスプーンで適当な大きさにすくい油に落として揚げます。⑥揚がったらすぐ表面に砂糖をまぶします。

*Frittelleは、3月19日の聖ジュゼッペの祭日に頂くお米で作ったものもあります。
f0203253_5144034.jpg

ヴァレンティーノ&ディーノ(ヴァレンティーノの兄)の兄弟2人のBARです。
f0203253_5151779.jpg

バールの中はこんな感じです。
f0203253_516621.jpg

Frittelle店頭販売しました!私、味見をたくさんしすぎました。1㌔太っているかな?
f0203253_516408.jpg

お客様とおしゃべりに花が咲く友人バレンティーノ!
3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-12 05:16 | ドルチェ

いかとグリンピースのトマトスープとオマール海老のパスタ!

f0203253_17355417.jpg

ほうれん草やビエトラでいかの煮物をしようと思ったら肝心のほうれん草やビエトラを買い忘れてしまいました。お家にあったグリンピースを使って作りました。お友達が持ってきてくれたオマール海老を使ったパスタも作りました!

いかとグリンピースのスープ材料 いか800g グリンピース500g 玉葱1個 人参1個 セロリ1個 唐辛子少々 オリーブオイル適量 にんにく2個 トマトホール缶200g 白ワイン適量 ブロード適量
作り方①いかを輪切りにカット、足も適当なサイズにカット。玉葱、人参、セロリは、微塵切りに切る。にんにくは潰しておく。②鍋にオリーブオイルを入れにんにくの香りを出して、玉葱、人参、セロリをいためいかを合わせ塩胡椒、唐辛子をほんの少しいれよーく炒め白ワインでフランベする。水分を飛ばしトマトホールを軽くきざんであわせ、塩胡椒してぐつぐつ煮る。③②を少し煮てからブロードを合わせ、グリンピースを合わせ煮る。出来あがったら皿に盛りトスカーナパンを添える。(出切ればブルスケッタにしてにんにくを擦りオリーブオイルをかけて添える。)
f0203253_550347.jpg

f0203253_551683.jpg

スパの盛り付け美しくなくてすいません!「大雑把にもって家庭料理風、漁師風にガッツり食べよう。」と友人から提案がありました。?

オマール海老のパスタ4人分
材料 オマール海老3匹 ミニトマト15個 玉葱1個 にんにく2個 塩、胡椒適量 ブロード適量 パスタ400g オリーブオイル適量 ブランディ適量 ブロード適量 唐辛子少々
作り方①オマール海老を殻ごと適当な大きさにカットして挟み部分は、からからはずして食べやすくする為はさみを割っておく。、ミニトマトは、1/4にカットし玉葱は、スライス。にんにくは、潰す。
②フライパンにオリーブオイルを熱しにんにくの香りをだし玉葱をいため海老を入れブランディでフランベする。トマトを炒め、ブロードを足しソースを作る。③パスタを茹でソースに合わせ必要なら茹で汁とオリーブオイル、唐辛子オイル(甲殻類は、焼いたりいためると甘味を増すので、隠し味にほんの少し入れると味にメリハリが付きます。)塩、胡椒をして、フライパンをふりパスタが乳化したら出来上がりです!
f0203253_17373181.jpg

意味もなくオマール海老とスカンピを並べてみました!

3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-10 17:37 | プリモ

カレーチーズスパ!

f0203253_17544672.jpg

コックでありアーティスト(画家)の友人ルチアーノのカレーチーズスパを紹介します。

我が家で再現しパパの胡桃を砕いてトッピングしてみました!
カレーチーズスパ 4人分材料 カレー粉小さじ1~2(好みで増やしても) フィラデルフィアチーズ(クリームチーズ)大2 生クリーム大2(入れなくても良い) ミニトマト6個 ズッキーニ1本 玉葱1/2個  にんにく1片 ブロード又は、茹で汁適量 スパゲティ300g~400g 塩、胡椒適量 オリーブオイル適量 好みで唐辛子適量 パルミジャーノ適量 砕いた胡桃適量。バジリコ
作り方①玉葱をみじん切りにして、にんにくをつぶす。トマトは、4つに切りズッキーニは、適当な大きさにカット。②パスタを茹でる。③フライパンにオイル、にんにくをいれ香りが出たら玉葱をいため色が透明になったらズッキーニにをいれ塩、胡椒をかるくして焼き色をつける。④③にトマトを合わせいためカレー粉、唐辛子を入れまぶしいためる。⑤④にフィラデルフィアと生クリームをあわせる。ブロード又は、茹で汁を少し合わせゆでたパスタに絡める。バジリコまたはイタリアンパセリをあわせる。⑥茹で汁、パルミジャーノチーズ、オリーブオイルをあわせる。
f0203253_17553698.jpg

アブルッツォの実家の胡桃です。私、「くるみ割り人形でないとうまく胡桃が割れない。」と思っていたのですがスーパーで買ったくるみ割で簡単に割れびっくりしました。
f0203253_17561898.jpg

胡桃は固い殻の下に緑のやわらかい殻で覆われているんですね。
f0203253_1757938.jpg

クルミの実が成る時期はこうしてパパが長い棒で胡桃を落とします。

3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-09 17:57 | プリモ

黒キャベツを使った一口おつまみ!(Fagottini)

f0203253_0313832.jpg

ナポリ人の友達walter&Sofiaから電話でフランスでシャンパンを買ってきたからアペリティボに来いと連絡が入りました。手作りおつまみを持って行きました。冬野菜をつめたパイのようなものです。
Fagottini材料 詰め物 黒キャベツ(cavolo nero)3枚葉の真ん中の茎をはずし千切り(代用として、ほうれん草)、ポロ葱1/2本スライス(出来れば、白髪葱風に少し太めに切る)塩、胡椒適量、リコッタ400g、タイム少々、卵1個 パルミジャーノ適量 塗り卵用の卵1個
パスタ 小麦粉200g ラード大3(オリーブオイルでも) 塩小さじ1 湯60cc
作り方①詰め物の材料を全て合わせる。②パスタ生地は小麦粉をテーブルに置き、塩を合わせ、ラードもあわせたら両手のひらでなするようにこすり合わせ粉チーズ状にする。③テーブルに山に置き真ん中に穴を開けドーナツ状にしたら湯を注ぎ少しずつ壁を崩していくように合わせ1まとめにする。④15分位こね生地が滑らかになったら濡れフキンをして15分休める。⑤生地を伸ばし正方形にカット。⑥生地の真ん中に、具を置き4すみの角を真ん中に集め、閉じます。⑦表面に塗り卵をしてオーブン180度で15分から30分焼く。(オーブンによって調節してください。)で出来上がりです!

カレー味のじゃが芋(サモサの具をつめてもおいしいです。)油で揚げてもいいです。
f0203253_0423611.jpg

夕飯は隣町のPRATOにあるナポリピザ屋さんに行きました。
ちなみに、私の選んで、ピザは、ストラッキーノ(フレッシュチーズ)、ルッコラ、プロシュートクルード。
3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-08 10:33 | アンティパスト

pere al barolo(洋ナシの赤ワイン煮)

f0203253_1856950.jpg

フランスで習った洋ナシの赤ワイン煮を紹介します。

ご馳走するとレシピを必ず聞かれる1品なのでブログを見てくださる皆さんにもお教えします!

北イタリアで、煮込み料理によくバローロ(赤ワイン)を使っていたので洋ナシにも使ってみました。
f0203253_18563832.jpg

洋ナシの赤ワイン煮
材料 洋ナシ8個 赤ワイン1ℓ 砂糖180g シナモン、弔辞、オレンジの皮1個分、レモンの皮1個分、黒粒胡椒、カイエンヌペッパー(赤唐辛子)グローブ
作り方①洋ナシの皮を剥き、へたの部分を掃除する。②赤ワインとスパイスを合わせ、火にかけ沸騰したら洋ナシをいれ沸騰したら弱火にしてクッキングペーパーで真ん中に穴を開け蓋をしたら1時間ことこと煮ます。③洋ナシを取り出しワインを1/2に煮詰めて洋ナシを戻します。④1日置くと味がしみて更においしくいただけます。

頂く時に洋ナシを温めてナッツ類、ホイップクリームかジェラートを添えるとおいしくいただけます!温冷デザートです。

f0203253_18572359.jpg

イタリアで、ぺラコッタ(火の入った洋ナシ)と言ってリコッタやレーズン、ナッツ類を真ん中の種を抜いた所に詰オーブンでシロップや白ワインをかけ煮焼きしするレシピがあっりチョコレートソースやキャラメルソースをかけで頂くのもおすすめです。

3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-02 18:48 | ドルチェ

その4 pansotti con sala di noci(りグーリアの香草(葉野菜)をつめたパスタ、クルミソース)

f0203253_16521029.jpg

PANSOTTIを紹介します!詰ものパスタに使うリーグーリアの草は、proboggio、 borragine、 orticheの3種類だそうです。
borragineを使ったレシピを紹介します!代用品としてほうれん草を使ってください!
f0203253_1653639.jpg

ALESSIO&MAINA
PANSOTTI詰め物 材料 BORRAGINE600g リコッタまたはprescinseua300g パルミジャーノ100g 卵1個 オリーブオイル大5 ナツメグ1つまみ 黒胡椒少々 塩適量  
作り方①たくさんの湯で草をゆで水分を搾って軽く刻む。②全ての材料を合わせる。

パスタ 材料  小麦粉400g 白ワイン(耳たぶ加減に調整)  塩1つまみ オリーブオイル2滴
作り方①小麦粉を机の上に山盛りに置き、真ん中にドーナツ穴を作り白ワインを注ぎ塩も合わせます。②少しずつふちの壁を崩すように混ぜ全体が混ざったら1まとめにして15分おきます。③生地を伸ばし正方形に適当な大きさにカットしていき(リボン上にふちがひらひらに切れるローラーを使う)詰め物を真ん中に置き三角に閉じます。

くるみのソース 材料 胡桃 60g 白い部分のパン 80g にんにく1個 牛乳 ニンニクを煮る牛乳適量とパンを浸す牛乳 マジョラム又は、ローズマリーかイタリアンパセリ 岩塩  オリーブオイル大2  リコッタチーズまたは、フレッシュチーズ 140g(入れなくても良い。) 牛乳大2  好みのハーブのみじん切り大1(ローズマリー、イタリアンパセリ、マジョラムのどれか)                               作り方①白い所のパンを牛乳に浸す。②にんにくと牛乳を鍋に入れ沸騰したら火を止めにんにくを取り出す。③クッキングカッターに、にんにく、胡桃、岩塩を入れ細かくして牛乳を搾ったパンをいれオリーブオイル、固さを牛乳大2で調節する。最後にみじん切りした好みのハーブを合わせる。

パスタをゆでて、ソースを絡めたらできあがりです!
f0203253_16534091.jpg

町で見つけたこけしちゃん!私と同じ名前だったので夫からプレゼントしてもらいました。

3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2009-11-01 16:53 | プリモ