PASQUARELLIのおいしい生活

2012年 03月 19日 ( 1 )

フィレンツェっ子のサルビアの香る鳥の唐揚げ!

f0203253_1663716.jpg

以前、アグリでいただいて気に入ったので、職場の賄いに出したら「マンマの唐揚げだ!」と言う声を3人の従業員から聞きました!この3人いずれもフィレンツェっ子。

サルビア=セージを唐揚げの衣につけて一緒に揚げた鳥の唐揚げです。サルビアの香りがたまりません!(フィレンツェっ子はサルビアの葉の揚げ物を食べるのが好きな人が周りに多くいます。油で揚げても以外に香りが残っているサルビアです。)

サルビアの香る鳥の唐揚げ
材料 鶏肉500g レモン汁適量 白ワイン適量 にんにく2片 オリーブオイル適量 塩、黒胡椒適量 小麦粉適量 サルビア=セージのフレッシュな葉の部分 切った肉の数量分 卵1個   
作り方①肉を適当な大きさにカットします。水に肉を10分つけたら(お肉がジューシーでおいしくなる秘訣!)水分をよく切ります。②肉ににんにくのすりおろしたもの、塩、黒胡椒をひいて、レモン、白ワイン、オリーブオイルでマリネしておきます。③②に溶き卵をまぶしてます。④肉を取り出し卵液でコーティングされた肉にセージを1枚貼り付け小麦粉をまぶして油で揚げます。
熱々揚げたてにサルビアの香りが加わって一味違います!

おまけ
日本の「鳥の唐揚げ」地方名
中津揚げ(大分 日本唐揚協会の聖地)半身揚げ(新潟)山賊焼き(長野)席揚げ(岐阜)手羽先揚げ(名古屋)せんさんぎ(愛知)さんぎ(山形)ザンギ(北海道)竜田揚げ(奈良)

「ザンギ」について
中国語で骨付鶏のから揚げを意味する軟炸鶏(ruanzhaji、エンザーチ)、または骨なし鶏のから揚げを意味する清炸鶏(qingzhaji、チンザーチ)に由来するとする説など各説がある

「竜田揚げ」について
小倉百人一首の在原業平(ありはらのなりひら)の歌に

千早振る 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは
材料に染み込んだ醤油の色が揚げることで紅葉のような色合いになるために紅葉の名所である竜田川(奈良県)に紅葉が流れる姿が連想されるからだそうです。
3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2012-03-19 19:10 | セコンド