PASQUARELLIのおいしい生活

チャルダ!

Cialde di Montecatini
f0203253_20174215.jpg

BARGILLI ORLANDOというお店のチャルダを買いました!
チャルダはモンテカティーニテルメの名菓。

昔、宣教師が聖体拝領時のキリスト教徒のミサの種なしパンに用いる為に宣教師が焼き型を持ち歩き、ヨーロッパ各地で自ら焼いていたものが庶民のお菓子として、ゴーフル、ワッフル、ウエハース、チャルダなど作られるようになったとか。

チャルダは、トスカーナ地方の婚礼菓子です。引き出物としてメディッチの時代か用いられていたそう。

2枚の円盤状の鉄型に(夫婦になるそれぞれの家紋が刻まれその型に)小麦、卵黄、牛乳で作った生地を流し込みそれぞれ焼き、クリーム(アーモンドペースト+砂糖+細かく刻んだアーモンド)をはさみぴったりと2枚を重さね焼き上げたもの=家と家の結びつきを表している。
f0203253_20175359.jpg

お店は、厳選された材料を使っているそうです。
プーリアのアーモンド、しぼりたての牛乳.....。
厚さは7ミリ、加熱の仕方をかげんしながら220℃で焼き上げクリームを挟んでもう1度焼き、
f0203253_2018626.jpg

この保管箱に入れ気温10度、湿度65%の所に1か月以上寝かせるそう。
f0203253_20182825.jpg

こんな風にラッピングしてもらいました!
f0203253_2018541.jpg

缶可愛い!
f0203253_20191076.jpg

パリッパリの食感がたまりません!
f0203253_20193052.jpg

中のクリームも刻んだアーモンドの食感が楽しめ、香ばしくておいしい!
3つのランキングに参加しています。よかったらポッチお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
by gianca | 2014-02-23 01:03 | ドルチェ
<< ランチ! Montecatini terme! >>